クロールを速く泳ぐコツ

どうも、高校生スイマーの中島です。今日はクロールを速く泳げるようになるコツを紹介しちゃいます。どんなスポーツでもそうですが、コツをつかむと、一気に上達しますね。コツというのは才能と違って、繰り返し練習していると、分かるようになるものです。ですので、誰でもクロールのコツをつかむことができます。

まず、クロールでなかなか前に進まないという人は、息継ぎが上手くできないことが多いです。顔が上がってしまい、上体が起きてしまうと、水の抵抗で失速してしまいます。上体が起きると、体が沈むような感覚があると思います。体のラインは真っ直ぐにしておく必要があります。魚が泳ぐイメージで、ストリームラインといいます。

あとは、息継ぎのタイミングが大事です。手で水をかくのとタイミングを合わせて、リズムをとるといいでしょう。ちなみに、息継ぎのことをブレスといいます。クロールのブレスが上手くできるようになったら、パドリングとキックが上手くできれば、クロールの推進力が増し、泳ぐスピードが速くなると思います。手で水かかく、パドリングは腕をグルグル回すのではなく、胸から腹のあたりをとおり、太ももの横をタッチするように水をかくのがコツです。手のひらが水の抵抗を強く感じるように、しっかりと水をキャッチします。

キックは膝を曲げてバタバタせずに、親指同士が触れるような感じで、なめらかに水をキックするといいですね。クロールの推進力はパドリングを重視して、キックは補助的なものという扱いでかまわないと思います。以上、クロールが速く泳げるようになるコツをついて解説してみました。これでクロールのタイムアップできるといいですね。バタフライや背泳ぎ、平泳ぎについては、時間があったら記事を書く予定です。